載せられる屋根と載せられない屋根

阿蘇市では豪雨による大きな被害があったことから、災害時でも電気が使えるメリットのある太陽光発電を設置する家庭もあります。
うちでも設置を考えているのですが、気になるのがうちの屋根にソーラーパネルを載せられるかどうかです。
屋根の状態により、載せられる屋根と向かない屋根と載せられない屋根があるといいます。
ソーラーパネルを載せるのに適した屋根とは、広い面積があり南向きで日当たりが良い屋根です。
こういった条件の良い屋根は発電量も高く多く売電することも可能です。
都会よりも阿蘇市のような田舎の屋根の方が、こういった条件の良い屋根が多いそうです。
一方ソーラーパネルを載せるのに不向きな屋根というのは、載せられる屋根の条件を満たしていない屋根でしょう。
面積が狭かったり北向きだったりする屋根です。
そんなに条件が悪くないような屋根なら、例え東西に向きの屋根でも少しくらい狭いくらいでもかなり発電するようです。
よほど条件の悪い屋根か変わった屋根でもない限り発電はできるといいます。
屋根材の関係でソーラーパネルを載せるのが難しい屋根もあります。
瓦屋根や金属屋根などといった屋根に施工するには、特殊な工法を用いなければならないので、技術を持った施工業者に依頼しなければなりません。
それなら載せられない屋根というのはどんな屋根なのでしょうか。
載せられない屋根というか載せられない屋根というのは、例えばすでに老朽化してしまっていて重さに耐えられない屋根です。
トタン屋根もソーラーパネルや架台の重さに耐えることができません。
最初はソーラーパネルを載せても問題ないと言われたのに、いざ設置するようになってから載せられない屋根だとわかることもあるそうです。
屋根だけでなく家全体を調査しないとわからないこともあるそうなので、しっかり現地調査してくれる業者に依頼したい方が良いでしょう。
後から家全体が傾いているなんて言われることがないように、
事前の調査はしっかりと行いたいです。