起こり得るトラブルとは

太陽光発電を取り付けた後に起こり得るトラブルは多々ありますが、一番多いトラブルは「太陽光発電を設置した後の水漏れ」です。
太陽光発電で水漏れとは一体どういうことか、それは太陽光発電を設置する工事の過程に屋根に穴をあけるという行程があるからです。
もちろん適切な工事が行われていればこうしたトラブルが起こる事はありませんので、太陽光発電を設置すると水漏れがする訳ではあません。
これは適切な工事が行われなかった事によるトラブルですので、水漏れを恐れて太陽光発電を設置するのをためらう必要はまったくないのです。
ではどのような業者に依頼をすればこうしたトラブルは防げるのでしょう。
それを考えるうえで、まず太陽光発電を設置する事ができる業者について考えてみます。
太陽光発電を設置する事が出来るのは太陽光発電を発売しているメーカーがそれぞれ開催している施工研修を受講し、そのメーカー指定の工事業者IDを取得しなればなりません。
なぜこの工事業者IDが必要かといいますと、この工事業者IDを取得した業者によりそのメーカーの太陽光発電を設置しなければ、そのメーカーの太陽光発電のパネルやモジュールなどメーカー自体の保証が受けられないのです。
ですので、太陽光発電を設置する場合には、必ずこの工事業者IDを取得している業者に依頼をしなければなりません。
しかしこの施工研修は短くて3日、長くても一週間という短期間で行われ、研修自体も研修用に設けられたモデル屋根で行われます。
新築住宅や、建築後あまり年月の経過していない住宅の場合でしたら、これだけの研修期間でもそれぞれ対応をする事はできますが、太陽光発電を設置する住宅は新築の住宅ばかりではありませんし、住宅それぞれにより屋根の形状、設置場所などもさまざまです。
こうした時に必要になるのが「経験」です。
今までにどれほどの太陽光発電を設置工事を行ってきたか、その経験値によりその業者の人の「腕前」というのは変わってきます。
もちろん研修を受けたばかりの人が「工事に向かない」と言っているのはありません。
基本的な住宅の場合にはそうした業者の方でも充分に対応ができるものですが、建築年数の経過した住宅など基本的な住宅でない場合には経験値の高い業者に依頼をする事で、水漏れのようなトラブルが避けられるという事です。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>