熊本の太陽光発電も南向きにするべき

熊本は晴れの日数なども多く日照時間も長い地域です。
積極的に太陽光発電を行っていくことがお勧めできる地域の一つです。
ただし、夏などは台風もありますので、しっかりと設置していただけるようにしていくべきなのです。
メンテナンスなども定期的に行っていただきますと、そのような心配もかなり軽減をされるはずです。
不安をしっかりと払しょくしたうえで設置を考えていくといいのではないでしょうか。
そこで熊本で太陽光発電システムを行っていく場合なのですが、特に注目をしていくべきなのがパネルの向きというものです。
パネルの向きによりまして、発電量が全く異なってしまうことがあります。
基本的に南向きにパネルを向けますと発電量は最もよろしいです、長時間太陽光をしっかりとアビスことができるようになっているからです。
屋根が南側があるというわけなら、パネルの設置に利用しない手はありません。
ただし、東や西の方角しか利用できないという場合もあるでしょう。
そういった時は東や西でも問題はありません。
どちらがお得であるというわけでもありませんので、どちらか選択していきましょう。
南向きの発電量が100パーセントだとしますと、東向きや西向きの場合はだいたい87パーセントの発電量といわれています。
確かに、発電量の方は少なくなりますが、かなり高い水準で発電してくれるということがよく数字からもわかるのではないでしょうか。
熊本でも、基本的には南向きにパネルを設置している家庭が多いのは参考にしておきましょう。