熊本市で太陽光発電の導入をする

近年、住宅用や業務用の太陽光発電システムの導入促進が国内で広まっています。

そもそも、企業や家庭からの温室効果ガスの排出により地球の温暖化が進んでいます。
地球の温暖化が進むことで南極の氷が溶けだして、海面上昇をしたり、野生動物が絶滅の危機に瀕していたりと、たくさんの問題が発生します。
そこで、世界中で温室効果ガスの排出規制を行うことで、地球温暖化に歯止めをかけようと試みられています。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを電力にかえることから石油や石炭などの天然資源を利用しない環境に優しい発電方法であり、発電時に二酸化炭素などの有害な温室効果ガスを発生させないため、地球温暖化防止に役立ちます。
ただ、太陽光発電システムは、まだまだ価格が高く、その設置には多額の費用がかかってしまいます。
そこで、日本では、国や自治体が補助金を出すことでその費用負担を軽減して、システムを導入する家庭や企業を増やそうと試みています。
熊本市でも、新たに熊本市内で住宅用太陽光発電システムを設置する家庭に対して、補助金助成制度を設けています。
熊本市では、太陽の日照時間も長いことから、比較的多くの電力を発電できます。
太陽光発電システムは、設置者自ら発電を行うことから、節電要請にもこたえることができます。
さらに、昼間にためておいた電力を夜間に使用することで、電気代の節約にもなります。
また、停電時には、ためておいた電力を使用することができるため、地震などの停電に対する災害対策にもなります。
今後、熊本市では、さらに太陽光発電システムを導入する家庭が増えていくものと思われます。