太陽光発電と阿蘇市との関係

再生可能エネルギーの発電に関する施設が、非常に多くの施設で取り付けられています。

とくに太陽光発電は、世界でもっとも進化しているドイツと双璧をなすくらい一番多いといえますが、公共施設や企業の所有地や工場の屋根などを含めて非常に多くの土地に取り付けられているのが非常に印象的です。
そのため、阿蘇市内でもさまざまな企業が太陽光発電パネルを積極的に取り付けています。
熊本県全体で見ると非常に太陽光発電の設備を取り付けている企業が増えています。
実際に、ある学校でも非常用電源用として取り付けられており、学生たちも積極的に太陽光発電についての関心を集めています。
大手の企業がその工場の屋根をほぼ全部太陽光発電としており、その工場の約2割以上の電力源として活躍している話も、決して珍しくはありません。
それだけ多くの企業などで取入れが積極的になっているため、今後も一般家庭を含めて取り入れるところが増えていくでしょう。
熊本県では非常に日照時間の関係もさることながら、太陽光発電に恵まれている土地であるからこそ、導入が積極的に進んできたといえます。
特に阿蘇市には太陽光発電関連メーカーが存在しており、積極的に取り入れられ続けています。
熊本県では太陽光発電関連の工場などが非常に多いのも理由のひとつとなっていますが、阿蘇市内にもメーカーが存在しているので、工場で作ったものを輸送する費用が少なくてすむからこそ、ある程度低価格で導入することも可能であるといえます。