太陽光発電の補助金を利用する

太陽光発電を設置するには多額の費用が必要になります。
まずは太陽光発電本体の費用、そしてそれに伴う工事費用です。
それらをトータルして考え見るとご家庭に導入を決めた太陽光発電のメーカーや機種、そしてその面積にもよりますが、3KWの発電能力の太陽光発電の場合ですと平均して150万円~180万円の総費用が必要となります。
これは3KWの平均値ですので、発電能力を4KWと高くした場合にはその分、機種などの価格が高くなり、設置面積等も広くなりますので、200万円前後の総費用が必要となる場合もあります。
これほどの高額な費用を必要とする太陽光発電の導入ですので、ぜひ利用をしたいのが太陽光発電の導入に関して支給をされる「補助金」です。
補助金がある事はもちろん知っているという人でも、この補助金は、その支給先が3か所ある事はご存じでしょうか?太陽光発電の補助金は国、お住まいの県、そしてお住まいの市町村の自治体の3か所から支給されています。
だたし、県と市町村は日本全国どこの地域も支給をされるという訳でありませんし、支給をされている場合でも県により金額は違いますし、市町村によっても金額は違います。
つまり同じ太陽光発電のシステムを導入するとしても、お住まいの地域により支給をされる補助金の金額が違ってくるという事です。
皆さんが同じ金額の補助金を受けられるのは国からの補助金ということになり、お住まいの都道府県により支給がある場合とない場合があり、更には同じ都道府県内に住みながらも市町村の違いから市町村からの補助金がある場合とない場合があるという事です。
平等ではないと不満に感じられるかもしれませんが、それぞれの都道府県、市町村にはそれぞれの財政状況や考えがありますので、これは仕方のない事です。
太陽光発電の導入を考えている方はお住まいの地域が3つの補助金のいくつを利用できるか確認をし、利用ができる場合にはしっかり申請手続きを行い利用をして下さい。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>